開業支援コンサルティング

「動機」を「信念」まで高められるのか

開業支援コンサルティング

なぜ、開業に不安があるのか

期待もある。不安もある。開業を考える歯科医師ならば、誰もが期待と不安の板挟みになります。それは独立する歯科医師の誰しもが経験する通過儀礼として仕方がないことです。大切なことはこの不安定な気持ちの原因を整理し、明確にしていくことです。このことを曖昧なままにして、開業プロジェクトを進めるのは無謀なことです。

それではそもそも何故、期待と不安が交錯するのでしょうか。
その理由として3つのことが考えられます。

  1. 開業する動機が不明確→「信念」
  2. 開業資金計画が不明確→「資金」
  3. 歯科医院の特色が不明確→「仕組」

開業を考えた時、最初に「信念」「資金」「仕組」この3項目を自分に問いただしてみることです。
自分の課題が明らかになれば、迷いなく開業準備を進めることができます。

自分への回答が動機を強くする

開業したいとは思ってみても、それによって生じるマイナス面を想像しはじめると、不安はどんどん増幅していくものです。
その不安の壁を突き破る力が「動機」です。「動機」とは、「自分はなぜ開業するのか」「自分は開業する力量を持っているのか」など、自分自身への回答です。自分自身への回答が明確になってくれば、開業を決断する勇気も、それを準備するパワーも、歯科医師としての自信も、自然とわきあがってきます。
換言すれば、「動機」が「信念」にまで高められることが、成功への必要条件なのです。平凡な動機から歯科医師になっている場合は、開業にも強い動機はないかも知れません。
しかし、開業する動機はささやかなもので構いません。開業しようと思ったら、その可能性について複数の視点で自問自答してみることです。クレセルでは、歯科医師の「動機」を強く固めることから、開業コンサルテーションを開始します。