勤務医は岡崎慎司を目指せ

コンサルブログ | 2016年8月8日

「『下手でも必ず点を取ってくれる選手とうまいけど点をとれない選手どちらがいい?』クラマーコーチ(日本サッカー界初の外国人コーチ)が聞くと、『下手でも必ず点を取る選手』釜本邦茂選手(元サッカー日本代表エースFW)は応える、クラマーコーチは頷いた。」(「朝日新聞・人生の贈り物」から改変)。この朝日新聞のインタビュー記事を読み、私の“岡崎慎司好み”も欧州サッカーの一流どころから晴れてお墨付きをもらった気分です。

と言うのも、サッカーには贔屓チームもなく、海外で活躍する日本人プレーヤーを知っている程度ですが、その中でも大向こう受けしないレスターシティーFCの岡崎慎司が好きだからです。素人目からも彼の技術は海外で活躍する日本人プレーヤーに比べ華がなく、フィジカルも平均的日本人とそう変わらない、足も速くは見えない、そして容姿も地味でスター性はないように感じます。その対極に位置する海外日本人プレーヤーはACミランの本田圭佑でしょうか。人気やマスメディアの露出では本田に軍配はあがるのでしょうが、使いたくなるプレーヤーは岡崎です。

サッカーの監督ならずとも組織の長ならば、本田ではなく岡崎を使いたい(部下に持ちたい)はずです。それは、下手でショーマンシップがなくとも、結果を出し組織に貢献できるのが岡崎だからです。岡崎はメディア受けするプレーヤーとは一線を画して、地道に監督の信頼を糧にして成長してきたプレーヤーのように思えます。私はそんな岡崎の職人的気質に惹きつけられます。

岡崎のプレーヤーとしての魅力を挙げてみます。

  • ボールを持った相手DFを小学生のようにしつこく追いかけまわす
  • セーブできそうもないライン際のフリーボールを必ず追いかける
  • 味方がボールを持ったら一目散にパスが出そうなスペースに走る
  • 味方のシュートには必ずゴール前に詰めてこぼれ球を狙う
  • ゴール前のどさくさには必ず顔を出しボールに絡む

一言では言えば「愚直」、この徹底した愚直さが、監督には「一途」と評価され信頼を生むのではないかと思います。こう書くと岡崎は技術も人気もないようですが、そういった評価では計りえないワールドスタンダードプレーヤーが岡崎なのです。日本での鈍臭いプレースタイルを海外でも押し通し、日本では下積みも長かった岡崎が海外のスポーツビジネスの世界で実力も評価も上がったことが何よりもの証左です。

翻って、歯科勤務医はどうでしょうか?海外での本田圭佑のように表層的に見えて勝負弱い勤務医が多いように感じます。医療ですから勝った負けたではありませんが、院長や患者の信頼や評価を勝ち取るよりも、患者に愛想よく対応する術や先端的技術や知識を持つことが主眼になっているような気がします。
そういった類の歯科医師は、CTもあるマイクロスコープも揃え、接遇セミナーも受け開業したけれど、経営は上手くいかない。こんな話は巷に転がっているのが現在の歯科界です。こんな歯科医は、勤務医時代に医院に数字を残すには何が必要か考えてこなかった人です。院長に「まじめだけど頼りない」と思われていたことに気がつかずに勤務医時代を過ごしてきた人です。

院長や経営者が求めるのは、クラマー氏曰く「下手でも必ず点を取ってくれる選手」です。技術も知識もあるけれど数字を上げることができない、患者からの信頼も少ない勤務医は、院長からすれば本田圭佑みたいな存在なわけです。院長から信頼される勤務医でなければ、技術を研鑽する機会も減ってくるでしょうし、将来開業医として必要とされるビジネスセンスも磨かれることはありません。医療ですけれど、開業は実業として数字を上げながら医療サービスを提供することです。臨床家として成功するためには、勤務医は岡崎慎司を目指すべきでしょう。

9d051ed1480e754ad2aee5c841583dc7_l