医院広告とは

インフラと広告で
コミュニケーション・リレーションズ実現

医院広告とは

医院サイン・DTP・インフラ・広告

歯科医院を開業するとき第一に考えなくてはならないことは、開業地のコミュニティーに、自院のメッセージをどのように伝えるかということです。
しかし、一般的傾向として「歯科医師が使いたい最新の医療機器や歯科材料で患者の抱える問題の解決方法」を伝えることを目的にするため、広告規制から逸脱した内容になりがちです。
さらに法的規制より歯科医院経営に影響をもたらすのはコミュニティーからの不信感です。
歯科医院は、具体的にインプラントなどを前面に押し出す「商品広告」ではなく、医院そのものの知名度アップやコンセプトの主張、好感イメージ作りの「企業広告」をすることがスタートアップの鉄則です。
歯科界をとりまくユーザーの目は肥えており、「商品広告」といった典型的プッシュ広告は反感を買う恐れさえあります。
このような間違った広告手法をとる歯科医院は、エリアマーケティング情報の不足に端を発していることが大半です。
「ニーズのないところに事業は成り立たない」これは歯科医院にも当然該当することです。
そしてニーズがあっても信頼がなければ来院に繋がらないのが医療マーケティングです。
まずは、エリアマーケティング情報からコミュニティーの定量・定性的情報を分析して医院コンセプトを確立する、次にコンフィデンスを形成するために医院インフラをコミュニティー基準にする、そして医院の在り方を伝えるDTPを作製して、広告、Webを使いコミュニティーとリレーションを築く情報戦略を策定することをクレセルではサポートします。

医院広告とは