クオリティオブ“ライフタイム”で考える ―ひと中心のヘルスケア・イノベーションの課題と可能性―(2016.12.20開催)

セミナー(推薦) | 2016年12月9日

「一生涯」×「ユーザー視点」で考える、ヘルスケア・イノベーション

【あしたのコミュニティーラボ】2016.12.20(Tue)@六本木アークヒルズ

「ユーザー、特に女性視点で見るヘルスケアビジネスの可能性」をテーマにしたイベントを実施します。

イベントの詳細・応募についてこちら

3q_event_650-300

ひとが生涯にわたって、よりよい選択・生活をできることは、理想的な「豊かさ」の1つといえます。しかし、超高齢社会に伴う社会福祉費用の増加や、経済格差による貧困の拡大、育児環境における地域での協力体制のつくり方など、ヘルスケア領域だけでも社会課題は多岐にわたります。

今回のイベントでは、子育てシェアや国内外での女性の働き方革新、予防医療など、異なるアプローチを行う4人の実践者の方々をゲストとしてお招きし、その活動内容や活動のポイントを紹介します。さらに、登壇者と参加者が一緒になって「ユーザー本位の視点を持ちながら、持続可能で豊かな生活を送ることのできる健康的な社会づくりのアプローチを、どのようにみなが支え合って実現させるか?」を考えます。ヘルスケア領域における新たなヒントを得たい方におすすめのイベントです。

モデレーター

3q_event_650-300_01-02

島村実希さん(一般社団法人MyWellness 代表理事/NPO法人ミラツク 執行役員)
全国各地で地域の自治体や企業とともにヘルスケア領域における課題解決に取り組む。

ゲスト

3q_event_650-300_01-03

小安美和さん(Will Lab)
女性の働きやすい社会をつくるべく国内外で活動。

3q_event_650-300_01-04

甲田恵子さん(株式会社AsMama)
地域で子育てを支え合うプラットフォームを運営。

3q_event_650-300_01

武久文之さん(富士通株式会社 ヘルスケアシステム事業本部 未来医療ビジネスセンター マネージャー)
国が掲げる日本再興戦略の一つである「国民の健康寿命の延伸」の実現に向け、「がん」「循環器疾患」「認知症」「糖尿病」などの克服を目指し、高度医療機関の皆様と共同研究を推進。
中でも「歯」を起点に健康的な社会の実現に取り組む。

イベントの詳細・応募についてこちら

【日時】
12月20日(火)18:50~21:30(受付開始18:30)
※18:50になり次第、開始いたしますのでお早めにお集まりください。

【開催場所】
HAB-YU platform
〒106-0032 東京都港区六本木1丁目4−5
六本木アークヒルズ サウスタワー3F 311

【定員】
60名

【参加費】
無料

【イベント事務局】
あしたのコミュニティーラボ http://www.ashita-lab.jp/

【当イベントに関するお問い合わせ先】
あしたのコミュニティーラボFacebookページ https://www.facebook.com/ashita.lab/
※上記URL内の「メッセージ」からお問い合わせください。